注意点について

セカンドオピニオンというのはすべての患者にとって必要というわけではないです。今の担当医の説明を聞いて、治療や検査に納得できるならばセカンドオピニオンは必要ないでしょう。もし今の担当医の話を聞いても理解できなかったり、不安な点があるならば、他の医師の意見を聞くためにセカンドオピニオンを実施しても良いでしょう。

相談基本的にセカンドオピニオンの診療は保険外診療となっていることが多いです。中には保険が適用されるところもあるのですが、独自の料金を設定しているところも少なくないため注意しましょう。事前に料金がいくらかかるのか確認しておきましょう。

セカンドオピニオンを受けたいならば、セカンドオピニオン外来を設置しているクリニックを探すと良いでしょう。インターネットで検索をしてみれば、その地域にあるセカンドオピニオン外来を調べることができます。

実際に意見を聞きにいくまえに、どのようなことを質問したいのかをまとめておきましょう。自分の病気の経過についてメモをしておいたり、質問事項をあらかじめ決めておくのです。そうすればスムーズにセカンドオピニオンを聞くことができます。

セカンドオピニオンを受けたあとは、あらためて担当医に相談をしましょう。


セカンドオピニオン

クリニックではセカンドオピニオン外来を実施しているところがあります。これはより納得できる治療法を選択するために主治医以外の医師に意見を求めるというものです。現在の主治医による診断や治療についての助言をしてもらうことができます。セカンドオピニオン外来では、あくまでも現在の主治医の意思を尊重します。主治医を助けるための情報を提供するという立場なのです。そのため、セカンドオピニオン外来で新たに治療や検査を実施することはないのです。

医師さまざまな医師の意見を聞くことは大切でしょう。それによって病気に対する理解を深めていくことができます。意見を聞くためのものであり、診察をするわけではありません。今の主治医からの紹介状を元にして意見をもらうことになります。もし、別の医師からの治療や検査を希望しているならば、セカンドオピニオン外来ではなくて、通常の外来患者として予約をするべきでしょう。

たとえばがん患者がセカンドオピニオン外来を利用することは多いでしょう。重い病気であり、複数の治療方法が存在する場合に行われることが多いのです。こちらを有効活用することによって、現在の治療に役立てることができるでしょう。今の治療や検査に不満があるならば活用しましょう。最後に注意点について説明します。


クリニックの活用法

クリニックは体のさまざまな不調に対応してくれます。なんとなく体調が悪かったり、病気の疑いがあるときには、気軽にクリニックを頼ると良いでしょう。そうすればすぐに対応してくれます。クリニックに通うことによって、健康を維持することができるのです。

治療多くの方は病気の際には1つのクリニックに通い、おなじみになっている主治医から診断を受けたり、治療を進めていくことになるでしょう。しかし、場合によってはいつまで経っても症状が改善されなかったり、主治医に対して不信感を抱くことがあるかもしれません。1人の医師の診断結果のみを信用しても良いのか不安に思ったことのある方もたくさんいるでしょう。このような不安を解消するための方法として、セカンドオピニオン外来というものがあります。

病気や怪我の治療を受ける際に、より自分に合った安心できる治療法を選択したいと誰もが思うでしょう。そんなときに役に立つ方法セカンドオピニオン外来です。こちらは簡単に説明すると自分の主治医以外の医師から意見を求めるというものです。多くの方は1人の医師の言うことに従うことが多いでしょう。

患者さんが持参された診療情報、血液検査や画像のデータ、これまでの治療内容を十分検討した上で、それぞれの患者さんに適用可能な最善の治療法を「次の一手」として提案します。

別のクリニックに行くという発想すら持っていない方が多いです。しかし、セカンドオピニオンを求めることはとても大切です。医師というのは絶対的な存在ではありません。時には間違いを犯すこともあります。そのため、できるだけ幅広い意見を求めることは大切です。こちらではセカンドオピニオン外来について紹介しましょう。