注意点について

セカンドオピニオンというのはすべての患者にとって必要というわけではないです。今の担当医の説明を聞いて、治療や検査に納得できるならばセカンドオピニオンは必要ないでしょう。もし今の担当医の話を聞いても理解できなかったり、不安な点があるならば、他の医師の意見を聞くためにセカンドオピニオンを実施しても良いでしょう。

相談基本的にセカンドオピニオンの診療は保険外診療となっていることが多いです。中には保険が適用されるところもあるのですが、独自の料金を設定しているところも少なくないため注意しましょう。事前に料金がいくらかかるのか確認しておきましょう。

セカンドオピニオンを受けたいならば、セカンドオピニオン外来を設置しているクリニックを探すと良いでしょう。インターネットで検索をしてみれば、その地域にあるセカンドオピニオン外来を調べることができます。

実際に意見を聞きにいくまえに、どのようなことを質問したいのかをまとめておきましょう。自分の病気の経過についてメモをしておいたり、質問事項をあらかじめ決めておくのです。そうすればスムーズにセカンドオピニオンを聞くことができます。

セカンドオピニオンを受けたあとは、あらためて担当医に相談をしましょう。