セカンドオピニオン

クリニックではセカンドオピニオン外来を実施しているところがあります。これはより納得できる治療法を選択するために主治医以外の医師に意見を求めるというものです。現在の主治医による診断や治療についての助言をしてもらうことができます。セカンドオピニオン外来では、あくまでも現在の主治医の意思を尊重します。主治医を助けるための情報を提供するという立場なのです。そのため、セカンドオピニオン外来で新たに治療や検査を実施することはないのです。

医師さまざまな医師の意見を聞くことは大切でしょう。それによって病気に対する理解を深めていくことができます。意見を聞くためのものであり、診察をするわけではありません。今の主治医からの紹介状を元にして意見をもらうことになります。もし、別の医師からの治療や検査を希望しているならば、セカンドオピニオン外来ではなくて、通常の外来患者として予約をするべきでしょう。

たとえばがん患者がセカンドオピニオン外来を利用することは多いでしょう。重い病気であり、複数の治療方法が存在する場合に行われることが多いのです。こちらを有効活用することによって、現在の治療に役立てることができるでしょう。今の治療や検査に不満があるならば活用しましょう。最後に注意点について説明します。